2017年2月10日金曜日

昭和の街並み

最近は昭和の街並みやレトログッズが人気なのか?

もっとも、昭和生まれに人気なだけで平成生まれはには関心がないのかもしれない。

さて、日本は1000年もつ木造建築の技術を持ちながら木造住宅の減価償却期間は22年です。
実際のところは、最近の家は10年も経てばガタが出てくると聞きます。

間抜けな話です。

30年経てば解体。

40歳になれば子供の頃に育った町は風景が変わっています。
原風景はもうどこにもりません。

ところで、テレビなどCMしている無国籍な雰囲気の家は住み心地はいいでしょうか?

ある人は
壁も床も天井も石油製品で、あんなものはビニール袋の中に住んでいるようなものだ!
とおっしゃって

まったく納得してしまいました。

マンションは、そういった家屋はメディアの演出で、さもよさげに見えますが実際どうですかね。

私は、子供の頃の祖母の家のように下町の家の方が快適そうに思えますね。








0 件のコメント:

コメントを投稿