2017年2月18日土曜日

高度消費社会!!

今日も憎まれ口を叩きましょう!!

ヴィヴィオRX-RAの引き上げは積載車を借りていきました。


積載車はマツダディーラーと同じ敷地にあるマツダレンタカーで借りたので
返却に行ったときにロードスターRFのカタログをもらってきました。


カッコイイですね

しかし、値段をみて驚きましたよ

370万円!!

ロードスターがこんなにするのか!
でも、大丈夫です。

私はこの車を買わなくてもいいですから。

今までは買うつもりない車でも購入シュミレーションしていました。
それだけで疲れてしまいます。

会社勤めの方はピンとこないかもしれませんが
自営の私は車やらなんやらを買おうと思ったら
仕事を増やしていかないといけません。
そうすると、ドンドン時間に余裕がなくなっていく。
時間に余裕がなくなれば、せっかく買った車に乗る時間もありません。
でも、時間に余裕がなくなると
運転にも余裕がなくなるので事故に遭遇する確率が上がるので
ヴィヴィオより衝突安全性の高い現行車はいいかもしれませんね。

でも、もうそんなことすら考えません。
この本を読んだからね






私が、今まで悶々として言葉に出来なかったことが
この本を読んですっきりしました。


もう経済成長などないのだ!

地球環境は大量生産・大量消費・大量廃棄の社会構造を許容出来なくなっている。

以前に別のブログで大量生産・大量消費・大量廃棄に対して批判的なことを書いたら
「大量生産・大量消費・大量廃棄でないと経済学的に社会が成り立たない」
といった内容のコメントしてきた人がいる。


この人はショップを経営しているようで、自分は外車に乗れる。
軽自動車を切り刻んで遊んでいる余裕もある。
多分、ショップから出る廃棄物はちゃんと産廃契約してマニフェストにもサインしてる。
何が問題あるんだ。
ということでしょうか?

でも、最終処分場というものを見たことがあるのでしょうか?

格差と地球の自浄作用をはるかに超える環境負荷を前提としている経済成長至上主義の現状は”成り立っている”と言えるでしょうか?

私には、この人の意見は非常に自己中心的な意見に思えます。


もう限界だ。

別にハードロハスの人たちのように原始時代のような生活に戻れというのではありません。
マニア以外の人にボロボロの車をレストアして乗れ!というつもりもない。
乗れる車・・・・、否!車に限ったことではなく使えるものを廃棄することないじゃあないかということです。
適量生産・適量消費でいいんじゃあないんですか?
経済成長を最優先に考えるから大量消費が美徳になる。


この話は長くなるので1つの記事では書ききれませんのでおいおい書いていきます。




     \          ヽ         |           /           / 
        こ の 殺  伐  と  し  た   ブ  ロ グ  に 
      救  世  主  お  じ  さ  ん  が  堂  々  降  臨                
          \      ヽ               /      / 
‐、、            \                         /          _,,-'' 
  `-、、                                    _,,-'' 
      `-、、                              _,,-'' 
         `             _, ,_ ルンルン  
                    ( ´д`) 
───────‐             (    )          ───────‐ 
                    ⊂_ ω ノ  
                       ∪    
           _,,-''                        `-、、 
        _,,-''        _, ‐'´        `ー、_ 
 ,'´\                                  / 
 !   \       _,,-┐               r‐-、、      /   ! 
 ゙、   `ー--<´   /              ゙、  >-一'′   ,' 
  y'         `ヽ/                ヽ '´         イ

0 件のコメント:

コメントを投稿